学生の声

Bさん(数理物質科学研究科修了)

博士号を取得しようと考えたきっかけは?
これまで博士号取得については漠然としか考えていませんでしたが、早期修了プログラムの新聞記事を見て、自己実現のために取ろうと決意しました。
早期修了プログラムを選択した理由は?
論文博士を受けてもらえるような先生とのつながりがなく、また通常の3年課程では時間的に厳しいので早期修了プログラムを選択しました。
入学前・在学中において、勤務先との調整や学費の工面といった環境整備はどうでしたか?
勤務先からの了解はあったのですが、個人的な入学扱いということで、勤務先からの支援や配慮はなく、学費も個人で負担しました。金銭的な負担感はなかったのですが、時間の確保が難しく入学を躊躇する要因になりました。そのため、修了までに2年以上かかるということであれば、時間的に厳しいので入学を検討することはなかったと思います。
入学前の指導はどうでしたか?
自分の所属部署の研究が近い指導教員の先生を選択しました。直接的な指導は4月から受けましたが、できることならもっと早い時期から指導を受けたかったと感じます。
在学中の講義受講、研究・論文作成はどうでしたか?
在学中は1週間に1~2度大学に通い、個別指導を受けました。研究指導に関しては非常に満足しています。社会人なので頻繁に通うことは難しいため、関連分野について「広く浅く」見識を得られるような「集中講義」があれば受講したと思います。
学内の施設や学生証の利用はどうでしたか?
学内施設はほとんど利用しませんでした。学生証については、学内バスの乗車証や学生割引を受ける際に利用しました。
早期修了プログラムを受けた感想は?
早期修了プログラムには非常に満足しています。スケジュールの問題や業務との両立をクリアすれば、1年間で博士号を取得することが出来るわけですから。また、学位を取得する過程で頂いた研究指導内容は今後にも役立つと思います。
早期修了プログラムへの要望等があれば教えてください。
入学前に正確なスケジュールや提出物に関する情報があれば良かったと思います。また、事務手続きや運用についてももう少し改善出来るのではないかと思います。
入学を検討している社会人に一言お願いします。
1年で博士号が取れることは非常に良いと思います。ただし、事前に先生と連絡して、やらなければいけないこと、スケジュール等はきちんと確認してから検討したほうがいいと思います。

▲このページのトップへ