学生の声

Aさん(システム情報工学研究科修了)

博士号を取得しようと考えたきっかけは?
以前から博士号を取りたいと思っていましたが、具体的に決意したのは10年前頃です。きっかけには論文をまとめたいという欲求、けじめもありますが、早期修了プログラムの存在が挙げられます。
早期修了プログラムを選択した理由は?
目的が学位取得だけならば論文博士でも良いのですが、研究室でディスカッションができるという事で早期修了プログラムを選択しました。
入学前・在学中において、勤務先との調整や学費の工面といった環境整備はどうでしたか?
勤務先からの了解はありましたが個人的入学扱いということで、勤務先からの支援や配慮はなかったため、学費は個人で負担しました。入学金は半額免除の制度があったのでそれを申請しました。学業時間は有給休暇を使って確保しましたが、必修講義が平日の夜間だった場合は入学は厳しかっただろうと思います。また、修了までに2年以上かかっていれば、時間的、金銭的に厳しいので入学を検討することはありませんでした。
入学前の指導はどうでしたか?
以前に指導教員の先生と研究やプロジェクトで一緒でした。先生とは前年の11月頃に接触し、その頃からゼミへの参加や個人的な指導を受けていました。
在学中の講義受講、研究・論文作成はどうでしたか?
在学中は週2~3日大学に通い、講義を受けたりゼミに参加し研究指導を受けたりしていました。ゼミは月に2~3回で1回に付き2時間程度でしたが、学生が時間の都合を合わせてくれたので非常に助かりました。それ以外にも個別の指導やメールでの相談など研究指導には非常に満足しています。ただ、事務に関して週末空いていないことや、論文リストなどのフォーマットを統一して欲しいなどの不満として残ります。
学内の施設や学生証の利用はどうでしたか?
学内施設は、研究室や図書館を利用しました。学生証については、学内バスの乗車証の発行を受ける際に利用しました。
早期修了プログラムを受けた感想は?
職場で研究職から離れて数年が経っており、ブランクがあり大変でした。
入学を検討している社会人に一言お願いします。
しっかりとした目標、気持ちがある人は是非、活用して論文をまとめあげて欲しいです!

▲このページのトップへ