プログラム概要

早期修了プログラムとは

一定の研究業績や能力を有する社会人を対象に、標準修業年限が3年である博士後期課程を『最短1年で修了し課程博士号を取得するプログラム』であり、”頑張る社会人”を大学として応援するものです。本プログラムでは社会人として積み重ねてきた研究実績を元にして、指導教員から論文作成の指導を受けて博士論文を完成させます。

また、この制度では、論文作成と共に学生が達成すべき項目(7項目)を設定して定期的に評価を行う「達成度評価システム」を採用し、履修生が達成度を確実に確認できるように配慮しています。併せて本プログラム自体が外部からの評価を受けることなどで、本プログラムで授与する学位の質を保証しています。

早期修了プログラムを履修するためには

早期修了プログラムは、「一定の研究業績」や能力を有する社会人の方を対象としています。入学試験(社会人特別選抜)合格後、入学手続き(3月上旬の予定)までの間に研究科又は専攻指定の書類を提出し、プログラム適用の審査を受けることになります。
研究科又は専攻の指定する書類は、

  • 希望者概要(履歴書、最終学歴における専門分野、業務内容と志望分野の関係等)
  • 業績リスト(プログラム審査要件に関わるもの)
  • 達成度に関する自己評価書
  • 博士論文の構想

等であり、これらの書類を基に「一定の研究業績」を有する者か否かを判断します。なお、必要に応じて面接を課す事になりますが、審査及び審査手続き書類の詳細は、入学試験合格通知書と一緒に送付致します。

この審査において早期修了プログラムの履修が適当でないと判断された場合は、通常の入学として取り扱われますので、課程修了のためには、標準3年の在学が必要となります。ただし、通常の入学となった場合においても、在学中に優れた研究業績を挙げたと認められる場合は、従来の早期修了制度の適用が可能となりますので、その場合においては、3年未満(1年数ヶ月から2年数ヶ月)での修了が可能です。

なお、早期修了プログラムを履修する者が、勤務先の都合等により1年間で修了できなかった場合には、引き続き在学し、課程修了を目指していただくことになります。この場合にも、3年未満での修了が可能です。また、現職の都合等により休学も可能となっております。

達成度評価システムとは

入学時、中間審査(入学後4ケ月以内)及び予備審査(入学後8ケ月以内)等の3段階(あるいはそれ以上)の審査ステージにおいて、学生の自己評価及び教員による評価を基に課程博士の学位にふさわしいレベルに達しているかを7項目について評価するシステムです。


専門分野基礎知識

関連分野基礎知識

現実問題の知識

広い視野

問題設定解決能力

コミュニケーション能力と
国際的通用性

学術的成果・研究能力
 

下図では、本プログラムの評価項目(7項目)を各ステージで順次達成していく例を示しました。達成度審査はこのような流れを基本としていますが、研究科によっては3ステージ以上の場合もあり研究科・専攻の特性に合わせて運用されます。

履修概要と達成度評価の基本モデル

リーフレット

本プログラムのリーフレットがご覧いただけます。

日本語版(PDF) 英訳版(PDF)

▲このページのトップへ